ディープタウン上野。
コリアンタウン、ゲイタウン、仲町通り、上野公園などなどディープスポットをたらふく抱えた刺激的な町。
そのような場所には決まって怪しい奴やよからぬ奴が集まってくる。
特に、仲町通り周辺にはその手の輩が集まっている。

体験談を一つ。
先日の記事(上野のおっぱいパブで気分はカリギュラ)で紹介した上野のおっぱいパブで先輩と皇帝気分に浸っていた。
しこたま飲んで満足し、千鳥足で歩いていると、怪しいキャッチが声をかけてきた。

「20才の日本人の女の子と○番できるよ」

いつもならこの手の怪しい風俗店には行かない。
しかし、酔いとおっぱいパブで肥大化していたタマキンが背中を押され、ほいほいと付いていってしまった。
店は、仲町通りの裏手の方の雑居ビルに入っていた。
受付にいた数人のいかついボーイの姿を見た時に厭な予感はしていた。
結論から言うと、指一本触れることができずに1人25000円を支払わされた。
高い授業料だった。
どんなに酔っていても、どんなにキンタマにそそのかされてもキャッチにだけは付いて行ってはいけない。
上野には怪しいキャッチが本当にたくさんいる。
ぼったくり風俗、ぼったくりスナック、ぼったくりマッサージ。
「マッサージ3000円だよ」「朝まで4000円だよ」と声をかけてくる中国人女性たちも全く減る傾向がない。
彼女らはもっと恐ろしい。
一人あたり数十万単位の被害も起きている。
彼らについていったらまずトラブルになると思ってよいだろう。

お母さんがよく言っていたことを思い出そう。
「知らない人にはついていくな」

上野の恐ろしいぼったくり中国系キャバクラ