千葉県で最大の繁華街である船橋駅周辺はメインはやはり南口である。北口は住宅街もありそこまで飲むような場所はない。しかし住宅街に紛れて少しだけ居酒屋はある。今回は居酒屋たつ屋を紹介する。

大衆居酒屋サラリーマンの味方というキャッチフレーズだがそこまで単品メニューは安くない。しかし壁に貼っているサポーターセットを見て驚いた。500円で焼酎1杯、焼き鳥2本、ミニ煮込みかミニ刺身が付いて来るのだ。これは安い。キャッチフレーズに偽りなしってところか。千原セイジ命名船橋ロールは薄い卵焼きで大量のキャベツを包んでいる。更にマヨネーズをかけて食べるのはお好み焼きに近い食感で美味しかった。地元の人が通うこの店は何とも言えない落ち着きがある。私の船橋の友人に聞いたら船橋住民は南口は騒がしい為北口で飲むことが多いという。確かにそのようなものかもしれないと納得した。