以前風俗と言えば種類が豊富だった。ソープ、デリヘル、箱ヘル、イメクラ、ピンサロなど選ぶのが大変だった時代もある。今は風俗の大半はデリヘルになってしまった。現状箱型風俗で頑張っているのはピンサロ位だ。くだらない浄化作戦などでだいぶ減ってしまった。勿論私もデリヘルは大好きだ。しかしたまには色々な店を選びたい。友人と酒を飲んで帰りに寄ってその後また集まって反省会をしたりするのがめっきり無くなってしまった。風俗業界はなくてはならないものだ。

仮に風俗がなくなってしまったら世の中は大変混乱するだろう。性犯罪が増えるだけでなく離婚率も急増するだろう。男は年をとっても性欲が大幅に減少するわけではない。しかし長いカップルや夫婦は夜の営みが減るのは当たり前のことだ。そんな時の男の強い味方が風俗なのだ。小遣いの都合上そこまで頻繁に行けなくてもいざとなればという心の支えになっている。風俗が禁止になったりすれば男はリスクを承知で浮気したり、不倫したりしなくてはならない。今でも増えている結婚しない男が益々増えてしまうだろう。何にしても風俗は世の中で必要不可欠なものだ。